毛の処理が与える皮膚への影響は?

あの処理方法は間違っていた!?

女性は特に気になる無駄毛。無駄毛をなくす方法はたくさんありますが、皮膚に大きなダメージを与えてしまうものもあります。一番大きなダメージがかかる方法は、ピンセットなどで毛を抜くこと。毛をすべて取ってしまうので楽そうに思えますが、実は抜いても毛根は完全に取り切れておらず、しばらくするとまた同じ場所から無駄毛が生えてきてしまいます。また、抜いた際にばい菌が入ってしまうと毛穴が炎症を起こして腫れてしまうこともあるのです。汚れた手やピンセットで処理することはとても危険です。しかも無駄毛を抜くのは痛みをともなうので、多くの無駄毛を処理する方法としてはおすすめできません。もし抜いて処理するとしても、必ず清潔な器具を使うようにしましょう。

他にもある肌へのダメージ

皮膚へのダメージがかかるのは抜いて処理する方法だけではありません。専用カミソリで無駄毛を剃る方法も、肌にダメージがかかる処理方法です。カミソリで肌の上を滑らせることにより、無駄毛だけではなく皮膚も薄く削られてしまっているのです。肌が弱い人は肌の表面が荒れてしまうこともあります。何回も剃り続けているうちに、ダメージが蓄積して色素沈着を起こし、皮膚が黒ずむことも。こちらの方法も、清潔ではない手やカミソリを使用するとを処理したところからばい菌が入り、毛穴が炎症を起こすこともあります。

これらの処理方法では肌に大きなダメージがかかってしまいます。皮膚が弱かったり、自分で処理するのが心配な方は専門家の手を借りるのもいいかもしれませんね。

脱毛の費用の支払い方法は店舗ごとに異なりますが、月々の支払額が分かりやすいところを選ぶことで、長く施術を受け続けることができます。

© Copyright Remove Safely Today. All Rights Reserved.